トップページ

    このサイトではジェイドの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ジェイドの買取相場を検索して高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを思っているならこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのジェイドを高く売るために外せないのが「複数の車買取会社で査定の比較をする」ということになります。1つの買取業者のみとかなじみのホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定なら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。何社かの車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、ジェイド(JADE)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大で50社にジェイドの買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからジェイドの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているジェイドの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札金額を提示するので、数年落ちのジェイドでも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    一般的な車査定一括サービスであれば、利用してすぐに多くの会社から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    ジェイドの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の概算相場が分かるので、「自分が今乗ってるジェイドの買取相場ってネットで分かる?」という場合はおすすめです。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際はすぐに即決することなく、いくつかの会社に査定してもらうことでホンダのジェイドを高く売ることができます。

    最大で10もの会社がジェイドの査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたのジェイドを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者は200社以上あり、その中から最大で10社が愛用のジェイドを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用したホンダのジェイドを1円でも高く売却しましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天株式会社が運営している車一括査定サービス。
    ホンダ・ジェイドの買取査定の依頼をするだけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントが溜まるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用したジェイドを高く売って、さらに楽天ポイントがプレゼントされるのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携業者は約100社と他の業者と比べると少なく感じますが、最大10社がホンダ・ジェイドの査定金額を提示してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定を使った場合の価格差が紹介されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    中古車買取において、売却時に車検がまだ一年一ヶ月以上あれば、査定を担当する担当者にもよりますが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    車検の残りが1年以下のケースでは残っている期日に応じて査定額が変わったりはしないのです。

    そうは言っても、実際に売買する直前に車検を通しても車検を実施する費用以上の金額が査定金額に加算されて回収出来ることはないでしょうから、事前に手間をかけて車検を通すのは無意味です。

    車を手放そうと決めたならば、最初にした方が良いことといったら、その車の現時点での相場の概算を知っておくことですね。

    相場が分かっていることによってとても安い値段で取り引きさせられるリスクを回避することが可能ですし、前もって調べた買取相場よりも高く査定してくれたお店にすぐにそこで取り引きをする判断を下すことも簡単になってくるでしょう。

    複数の買取業者にWeb上からアクセスして一括査定できるページが存在するので、ここで売却予定車の相場の把握をすることが可能になります。

    売却予定の車に傷などがある場合にはマイナス査定されることが多いです。

    しかしながら、マイナス査定を避けるために査定前に個人でへこみやキズを直すことは勧められません。

    事前に自分で修理しても、個人で直すのにかかった経費より多く査定額が上昇する場合はあまりないからです。

    個人修理しようとするよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が費用を低く抑えることができるからです。

    車を査定して欲しいからといって、現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのは無茶としか言いようがありません。

    相場もわからなければ、よその店の査定額も知らない状態ですから、相場より安値で売却してしまうこともあるからです。

    あえてメリットを挙げるならば、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。

    査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、実印(普通乗用車の場合)や必要書類が整っていれば、その日のうちに契約締結も可能です。

    中古車売却一括査定サイトは、たった一度の入力で複数の会社から見積もりをとることができるので、うまく使うと本当に便利なものですが、ひとつだけ面倒な点というと、アポとりの電話がひきもきらずかかってくるのは避けられません。

    連絡先として勤務先の電話番号や、仕事にも使っている携帯電話番号を登録してしまうと、何日かは不便を強いられるのが予想されるので、注意が必要です。

    相手の都合も考えずに何度も営業電話をかけてくる業者などには、既に売ってしまったと嘘でもいいから言ってしまうのが良いのかもしれません。

    電話一つでも業者の性格が出るのです。

    買取業者が来ていざ実物の査定をするとなると、たばこの臭いが車内についていたりペット臭などがあると具体的なキズではないにしろ、減点対象になります。

    ほとんど無臭のつもりでいても運転者はその臭気自体に慣れっこになっていて他人に指摘されて初めて気づくことが多いです。

    不安であれば自分以外の人に車内のにおいをチェックしてもらうといいかもしれません。

    この場合、カーコロンや消臭剤をいくら使おうと消し切れるものではありませんから、温タオルや中性洗剤などを使い、ていねいにニオイの発生源をなくしていくのが有効です。

    新車購入時に今まで乗ってきた車の方をディーラー下取りに出すことがあります。

    同じところで購入も売却も済ませられるので、いちいち買取業者に売りにいくのと比較すると時間も労力もかなり減らすことができます。

    そのかわり、買取(下取)金額という点で見るとディーラーと中古車屋では、一般に下取りのほうが安価になる傾向があり、特に「言い値」の下取りでは損をすることも多いです。

    下取りは強制ではありませんから、売却で利益を出したければ、買取業者に査定してもらった方が、満足のいく結果が得やすいです。

    中古車を売ろうとするときには、もしも故障している場所があるのならば自動車査定士に告げるようにしてください。

    だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

    故障の程度によってマイナス査定にはなるでしょうが、事前に修理したからといってかえって得にならないことがほとんどなのです。

    車を買い取った後から業者が修理に出すときのお金と前もって自分で修理に出すときのお金では、買取業者が修理依頼する方がかなり安くなるのです。

    結局、事前に修理して査定額アップを狙ってもかかった費用分の上乗せは期待できないのですね。

    自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書、リサイクル券、その他に実印や印鑑証明書を用意することになります。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手続きをするところは違うことを覚えておきましょう。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。